支部大会

支部大会は、四国内の会員の皆さまにお集まりいただき、各県持ち回りで毎年5月に開催しています。
大会関連行事として、四国地域内の電気関係事業に携わる方々の中から、
 ・勤続25年の永年従事功労者
 ・電気に関連する発明・工夫・考案・改良
  及び重大事故防止などの特別功績者
に対する表彰を行うほか、記念講演会、懇親会などを実施しています。
平成30年の記念講演は、次のとおり行いました。

 「心の荷物をおろす〜人生に役立つ智慧〜」
   真宗大谷派僧侶/アナウンサー 川村 妙慶 先生




 電気記念日式典

明治11年3月25日、東京虎ノ門において、我が国で初めて電気によるあかりが灯されたのを記念して、毎年3月25日には、各地で祝賀式典をはじめ、さまざまな記念行事が実施されます。
四国支部においても、毎年、高松市において、電気記念日式典を開催しています。当日は満80歳になられる電気関係傘寿功労者ならびに電気保安功労者の表彰、記念講演会、午餐会などを実施しています。
平成30年の記念講演は、次のとおり行いました。


 「健康で幸せなシニアライフを送る生活術」
   管理栄養士/ヘルスケアオンライン且謦役 後藤 恭子 先生
      




 施設見学会

電気エネルギーや原子力発電について正しく理解していただくため、毎年、伊方発電所等を訪れ、会員相互の親睦を兼ねた施設見学会を開催しています。



 新春囲碁大会

会員相互の親睦を図るため、昭和42年から毎年1月に高松市において、会員企業にお勤めの方や御家族等が参加する新春囲碁大会を開催しています。





                                              このページの先頭へ